札幌圏

スケボー禁止、大通で火花 札幌市「条例違反」/ボーダー「仲間集える場」 条例の線引きあいまい

08/31 11:16
自転車やスケートボードの大通公園内での走行禁止を訴えるステッカー
自転車やスケートボードの大通公園内での走行禁止を訴えるステッカー

 札幌・大通公園でのスケートボード禁止を巡り、札幌市とスケートボーダーの間で攻防が続いている。市は巡回を行って注意を呼び掛けるが、巡回終了後にはボーダーが戻るいたちごっこの状態だ。市は「条例で禁止している違反行為」との立場で、ボーダーは「仲間が集まって遊べる場所はここだけ」と訴える。専門家は「条例で規制するだけでは意味がない」と指摘する。

[PR]

 7月以降、夜8時を過ぎると大通公園3~4丁目では複数の男性がスケートボードで遊んでいる。「ゴー」と、車輪の音を響かせながら噴水の周囲を回るのは10人前後。15年前から楽しんでいるという市内在住の30代男性は「地面が平らで環境がいい。交通の便も良く、仲間が集まりやすい最適の場所」と話す。

 大通公園でのスケートボードやローラースケートは2002年に市都市公園条例で禁止された。違反すれば5万円以下の罰金が科される。自転車の乗り入れも禁止され、20分ごとにアナウンスが流れている。取材中、放送が聞こえると男性は「空耳かな」ととぼけ、「禁止は知っているけど、人と接触しないように気をつけている」と弁明した。

 「道路でも歩道でもできない。どこでやったらいいのか」と話すのは市内在住の38歳の男性会社員。「スノーボードだって最初は危険だと非難されていたが、市民権を得た今はスキー場で堂々と遊べているのに」と不満を訴えた。スケートボードは20年の東京五輪の追加種目にも決まっている。

残り:419文字/全文:1025文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る