政治

玉城氏、知事選立候補を正式表明 沖縄、佐喜真氏と一騎打ち確定

08/29 20:23 更新
記者会見で沖縄県知事選への立候補を表明する自由党の玉城デニー幹事長=29日午後、那覇市のホテル
記者会見で沖縄県知事選への立候補を表明する自由党の玉城デニー幹事長=29日午後、那覇市のホテル

 自由党衆院議員の玉城デニー幹事長(58)=沖縄3区=は29日、那覇市で記者会見し、翁長雄志知事の死去に伴う沖縄県知事選(9月30日投開票)への立候補を正式表明した。争点となる見通しの米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設について「翁長知事の遺志を引き継ぎ阻止を貫徹する」とし後継候補としての決意を示した。

[PR]

 知事選まで1カ月余り。辺野古移設推進の安倍政権が支援する前宜野湾市長佐喜真淳氏(54)=自民、公明推薦=と事実上の一騎打ちの構図が確定した。佐喜真氏は辺野古移設の是非は明言していない。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る