北海道

ミュージカル「ダンスウィズミー」ロケ 函館港や道の駅 市民60人も参加

08/29 17:00
映画「ダンスウィズミー」の撮影に取り組む矢口監督(右)ら
映画「ダンスウィズミー」の撮影に取り組む矢口監督(右)ら

 「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」などのヒット作で知られる矢口史靖(しのぶ)監督の新作映画「ダンスウィズミー」のロケが18~22日、函館、北斗、七飯の3市町で行われた。

[PR]

 脚本も担当した矢口監督初のミュージカルコメディー。主演の三吉彩花さんが「曲が流れると、歌わずに、踊らずにいられない」という“ミュージカルスターの催眠術”をかけられてしまう鈴木静香役を演じる。

 21日は、七飯町の道の駅「なないろ・ななえ」で、一流商社で働く静香らがストリートライブをする場面などが撮影された。約60人の市民エキストラが参加し、ライブの聴衆として場を盛り上げた。

残り:189文字/全文:467文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る