札幌圏

札幌・地下鉄南北線真駒内駅前 再整備の具体案策定へ 10月にも有識者会議発足

08/28 05:00
札幌・地下鉄南北線真駒内駅前 再整備の具体案策定へ 10月にも有識者会議発足
  • 札幌・地下鉄南北線真駒内駅前 再整備の具体案策定へ 10月にも有識者会議発足
  • 10月にも新しい街づくりへの議論が始まる地下鉄真駒内駅前

 札幌市は今秋から、地下鉄南北線真駒内駅前の再整備計画を本格化させる。1972年の札幌五輪に合わせて造られた南区役所、南保健センターといった公共施設の建て替えや商業施設の誘致などを目指す構想で、10月にも有識者会議を発足。燃料電池バスや水素ステーションを導入し、省エネを推進する「スマートコミュニティー」への転換も検討する。

[PR]

 市が開催を目指す2030年冬季五輪では、真駒内に選手村を整備する計画がある。同時に公共施設などの建て替えも進め、真駒内駅前を一新する方針だ。

 真駒内駅は1日当たりの利用人数が約3万人で、バスの発着は千台に上る。しかし、公共施設の老朽化やにぎわいが少ないことが課題となっていた。

 市は13年度に「真駒内駅前地区まちづくり指針」を策定し「通過型から滞留・交流型の駅前地区」を目指す考えを示した。市道真駒内団地5号線(駅前通り)沿いを「公共・民活エリア」「中学校エリア」に分け、駅前に商業施設やバスターミナルを組み合わせた施設を整備したり、駅前広場を設けたりする案などを検討してきた。

 都市計画や交通計画の専門家でつくる有識者会議は、これまでの議論を踏まえた上で具体的な案を練り上げていく。ほぼ同時期に地元町内会関係者の意見を聴く協議会も設置し、19年度中に計画をまとめる。

残り:297文字/全文:844文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る