釧路根室

一面の黄色咲き誇る 中標津「開陽の丘」ヒマワリ見ごろ

08/28 10:05
開陽台展望館を背景に美しく咲き誇るヒマワリ
開陽台展望館を背景に美しく咲き誇るヒマワリ

 【中標津】町内開陽の私設公園「ほしのふる里 開陽の丘」で名物のヒマワリが見ごろを迎え、来園者の目を楽しませている。

[PR]

 園内には約3ヘクタールのヒマワリ畑が広がり、黄色い花が一面に咲き誇っている。公園は別海町の左官業佐藤文雄さん(69)とやよいさん(64)夫妻が10年前から整備を続けている。

 今年は6月上旬に種をまいた。長い間来園者がヒマワリを楽しめるよう、10日ほど時期をずらしたという。長雨や低温の影響で生育が悪かったが、大切に育ててきた。見ごろは9月上旬まで。やよいさんは「明るく鮮やかなヒマワリはエネルギーをくれる。多くの人に楽しんでもらえたら」と来場を呼びかけている。

残り:150文字/全文:439文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る