北海道

満開のソバ畑で幻想的な舞 福島で松前神楽披露

08/27 11:25 更新
ソバ畑に設けられたステージで、八乙女舞を披露したみこ姿の小学生ら(石川崇子撮影)
ソバ畑に設けられたステージで、八乙女舞を披露したみこ姿の小学生ら(石川崇子撮影)

 【福島】渡島管内福島町千軒のソバ畑で26日、「千軒そばの花観賞会」が開かれ、3月に国の重要無形民俗文化財に指定された松前神楽が披露された。白い花が一面に咲き乱れる中での幻想的な舞に、観客約300人が引き込まれた。

[PR]

 町特産の千軒そばを作付けする「千軒そば生産会」の主催。ソバ畑3ヘクタールを会場とし、打ちたての千軒そばを来場者に提供した。

 福島町松前神楽保存会が、みこ姿の地元小学生2人による八乙女(やおとめ)舞や、獅子舞など5演目を披露。観客からは称賛を意味する「ようそろう(良き候)」と大きな掛け声が上がった。

残り:82文字/全文:339文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る