世論調査

改憲案秋提出に反対49% 総裁選は安倍氏先行 全国世論調査

08/27 07:38 更新
世論調査の主な結果
世論調査の主な結果
  • 世論調査の主な結果
  • 安倍内閣支持率の推移

 共同通信社が25、26両日に実施した全国電話世論調査によると、秋の臨時国会に自民党改憲案を提出したいとする安倍晋三首相の意向に「反対」との回答は49・0%で、「賛成」の36・7%を上回った。9月の自民党総裁選で、誰が次期総裁になるのがふさわしいか問うと安倍首相が36・3%で、31・3%の石破茂元幹事長に先行した。野田聖子総務相は4・9%だった。自民党支持層に限ると首相支持は60・2%。24・0%の石破氏、3・0%の野田氏に大差をつけた。

[PR]

 新総裁に期待する政策を二つまで聞いたところ、景気や雇用など経済政策が38・6%で最多だった。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る