石川文洋80歳・列島縦断あるき旅

<石川文洋80歳 列島縦断あるき旅>6 海岸に戦時中のトーチカ 会社辞め自転車旅の男性 苫小牧―伊達紋別

08/28 05:00
海岸近くには旧日本軍が米軍上陸に備えて造ったトーチカが残る。海を眺めていると、自動車などを運ぶ大きな輸送船がゆっくりと進んで行った=8月14日、苫小牧市郊外(撮影・石川文洋)
海岸近くには旧日本軍が米軍上陸に備えて造ったトーチカが残る。海を眺めていると、自動車などを運ぶ大きな輸送船がゆっくりと進んで行った=8月14日、苫小牧市郊外(撮影・石川文洋)
  • 海岸近くには旧日本軍が米軍上陸に備えて造ったトーチカが残る。海を眺めていると、自動車などを運ぶ大きな輸送船がゆっくりと進んで行った=8月14日、苫小牧市郊外(撮影・石川文洋)
  • 「稚内から徒歩の旅を始めたが、初日で無理と諦めました」と話す山口市の33歳の男性。テントなどをそろえて自転車で旅をしている=8月17日、登別市(撮影・石川文洋)
  • <石川文洋80歳 列島縦断あるき旅>6 海岸に戦時中のトーチカ 会社辞め自転車旅の男性 苫小牧―伊達紋別
  • 石川文洋さん
  • <石川文洋80歳 列島縦断あるき旅>6 海岸に戦時中のトーチカ 会社辞め自転車旅の男性 苫小牧―伊達紋別

 8月13日 苫小牧西港へ行く。茨城県・大洗港や宮城県・仙台港まで行くフェリーが停泊していた。船旅が好きだ。高校生の時、沖縄への往復は晴海ふ頭と那覇港を結ぶ白山丸に乗船していた。海を眺めていると気持ちが広がっていく。ピースボートで地球一周の旅もした。モロッコからスペインへフェリーで渡った時も忘れがたい。

[PR]
より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る