週刊コラム

土と微生物とわたし

08/25 05:05

 か~わいい~っ!爪楊枝くらいの細さのインゲンマメの子どもにキュンとくる。白い花が終わって、むくむくっと実になり始めたところだ。こんな瞬間に出くわせるのは家庭菜園の醍醐味。このインゲンマメはエンドウマメとともに種から育った。栽培担当は4シーズン目にして、意外にもグリーンサム(英語で緑に愛されている指を持つという意味)ではないかと期待を寄せる夫だ。トマトやナスの苗ものの後に、慎重に気温を見定めて6月上旬に種をまいていた。

[PR]

 ペットボトルを半分に切り、空気穴をあけたドーム型のカップをかぶせられた種は3日経っても1週間経っても、うんともすんとも言わなかった。だめになってしまったんだろうかと諦めかけの10日過ぎに豆の皮をかぶった双葉が顔を出した。ちゃんと育っていたんだ!やったぁ。

残り:499文字/全文:838文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る