災害関連記事

東京東部250万人が広域避難へ 江戸川などの流域5区、水害想定

08/22 20:16 更新
東京都東部の5区が公表した大規模水害を想定したハザードマップ(江東5区広域避難推進協議会提供)
東京都東部の5区が公表した大規模水害を想定したハザードマップ(江東5区広域避難推進協議会提供)

 東京都江東区など、荒川と江戸川の流域にあり、海抜ゼロメートル地帯が広がる都東部の5区は22日、大規模水害を想定したハザードマップと、避難計画を公表した。最悪の場合、人口の9割に当たる約250万人が住む地域が浸水すると予想。茨城、埼玉、千葉、神奈川など隣接する他県に広域避難させる方針を示した。

[PR]

 マップと避難計画は江戸川、江東、墨田、足立、葛飾の5区でつくる「江東5区広域避難推進協議会」が作成。3日間の総雨量が約500~600ミリに達し、荒川と江戸川が同時に氾濫した場合を想定した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る