文化・芸能

正岡子規の新出句発見 正月、福引で弟子と競作

08/22 19:11 更新
俳人の正岡子規
俳人の正岡子規

 俳人の正岡子規(1867~1902年)の新出句が見つかったと、東京の子規庵保存会が22日発表した。1897年の正月、弟子たちと共に福引を楽しみながら即興で詠んだ句をまとめた和とじの小冊子に記されていた。

[PR]

 新出句は〈新年や昔より窮す猶窮す〉。「福引にキウスを得て発句に窮す」と子規自身の筆による前書きもある。福引で当てた景品の急須にちなみ、子規が自身の生活の貧しさを、ユーモアを交えて詠んだものだ。

 調査に当たった神奈川大名誉教授の復本一郎さんは「写生の人と言われる子規だが、がらっと変わってユーモリストというべき側面が分かる。即席だが見事」と話した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る