北海道

新千歳空港駅6%増の2位 昨年度JR乗車人数 新函館北斗駅11%減

08/18 05:00
新千歳空港駅6%増の2位 昨年度JR乗車人数 新函館北斗駅11%減

 JR北海道は、2017年度の道内の駅別1日平均乗車人数をまとめた。すべて札幌圏が占めた上位10駅は、16年度から順位の変動がなく、いずれも乗車人数を伸ばした。

[PR]

 1位は札幌駅で9万9436人、2位は新千歳空港駅1万7096人、3位は手稲駅の1万5660人だった。JRは「札幌圏では全体的に利用客が増加傾向にある」としている。

 上位10駅中、伸び率が最も高かったのは、新千歳空港駅の6%増。外国人観光客の増加に伴い利用客が急増していて、16年度にJR発足(1987年)以来2位だった手稲駅を抜いていた。

残り:166文字/全文:416文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る