北海道

新政府専用機、千歳に到着 2019年度から運用

08/17 12:03 更新
新千歳空港に到着した新しい政府専用機(奥)。流線形の赤いラインが特徴=17日午前7時55分(井上浩明撮影)
新千歳空港に到着した新しい政府専用機(奥)。流線形の赤いラインが特徴=17日午前7時55分(井上浩明撮影)

 【千歳】首相や皇族ら要人が使う新しい政府専用機(ボーイング777―300ER)2機のうち1機が17日午前、千歳市の航空自衛隊千歳基地に到着した。主翼と垂直尾翼に日の丸、胴体部に流線形の赤いラインが描かれている。機体整備や運航訓練の後、2019年度から運用を始める。

[PR]

 同機は内装工事を施していたスイスを16日に出発。17日午前7時50分ごろ、新千歳空港の滑走路に着陸し、誘導路を通って隣接する空自千歳基地の政府専用機格納庫前に移動した。月末に、機体を所有するANAホールディングスから空自に引き渡される見通し。空自の特別航空輸送隊が管理・運航を担当する。

残り:200文字/全文:477文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る