国際

慰安婦問題、国連委で再び焦点に 4年ぶり対日審査

08/14 22:25 更新
2014年8月、ジュネーブで開かれた国連人種差別撤廃委員会の対日審査(共同)
2014年8月、ジュネーブで開かれた国連人種差別撤廃委員会の対日審査(共同)

 【ジュネーブ共同】国連人種差別撤廃委員会は16、17の両日、ジュネーブで約4年ぶりの対日審査会合を開く。日韓両国間の懸案である旧日本軍の従軍慰安婦問題が前回審査に続き議論の焦点となる見通し。ヘイトスピーチ対策や沖縄の人々の権利保護を巡る問題も取り上げられそうだ。

[PR]

 審査会合は委員が日本政府に質問、日本側が回答する形で実施。韓国の政府や非政府組織(NGO)も参加できる。委員会は会合を踏まえ今月30日に日本への勧告を公表する予定だ。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る