つながるアジア

プノンペンで人気二つの日本食レストラン 道産子店主5年かけ浸透 ラーメン・山川さん「旭川」こだわり2号店も/居酒屋・長谷部さん現地スタッフの教育に力

08/09 05:00
プノンペンで人気のラーメン店「シャングリラ」の山川翔太さん
プノンペンで人気のラーメン店「シャングリラ」の山川翔太さん
  • プノンペンで人気のラーメン店「シャングリラ」の山川翔太さん
  • 居酒屋「忍者」に続き、プノンペンでラーメン店も開業した長谷部竜也さん

 カンボジアの首都プノンペンで2人の道産子が経営する日本食レストランが人気だ。旭川出身の山川翔太さん(31)が代表を務めるラーメン店「シャングリラ」と、登別出身の長谷部竜也さん(32)が経営する居酒屋「忍者」。どちらも日本食レストランが少なかった5年前に出店して地元に浸透し、今では「プノンペンで知らない日本人はいない」と言われるほどの有名店に成長している。

[PR]

 山川さんは旭川の居酒屋で店長を務めていたころ常連客に誘われ、2013年11月にプノンペン中心部に開業した。ラーメンは当時、世界的にブームで、出身地・旭川の名物でもあることから選んだ。

 開業当初は苦労の連続だった。まだ日本食レストランは珍しく、欧米人に客層の的を絞ったが外れ、赤字となる月もあった。試行錯誤の末、「まずおいしいラーメンを日本人に食べてもらおう」と方針転換すると日本人客が増え、業績も伸びた。今では「プノンペンで一番おいしいラーメン店」と評判だ。

残り:670文字/全文:1079文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る