ドローン

<ドローンで再発見>7 王子製紙苫小牧工場=苫小牧市 3本束ねて街のシンボル

08/09 05:00
先端部から見た王子製紙苫小牧工場の巨大煙突。内部には3本の煙突がある(小型無人機使用、写真3枚を合成、野沢俊介撮影)
先端部から見た王子製紙苫小牧工場の巨大煙突。内部には3本の煙突がある(小型無人機使用、写真3枚を合成、野沢俊介撮影)
  • 先端部から見た王子製紙苫小牧工場の巨大煙突。内部には3本の煙突がある(小型無人機使用、写真3枚を合成、野沢俊介撮影)
  • <ドローンで再発見>7 王子製紙苫小牧工場=苫小牧市 3本束ねて街のシンボル

 赤と白のツートンカラーが印象的な巨大煙突がそびえ立つ。その高さから、王子製紙苫小牧工場の従業員は「200メートル煙突」と呼ぶ。先端部の直径は7・8メートル。ドローンでのぞき込むと、3本の煙突が目に入ってきた。向こうには苫小牧の市街地が広がる。

[PR]

残り:588文字/全文:710文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る