社会

松本零士さんの版画盗難 静岡・焼津の科学館、被害届

08/03 22:30 更新
「ディスカバリーパーク焼津天文科学館」で展示されていた漫画家松本零士さんの版画「時の環の旅人2」=静岡県焼津市(同館提供)
「ディスカバリーパーク焼津天文科学館」で展示されていた漫画家松本零士さんの版画「時の環の旅人2」=静岡県焼津市(同館提供)

 静岡県焼津市の「ディスカバリーパーク焼津天文科学館」は3日、展示していた漫画家の松本零士さんの版画が盗まれ、焼津署に同日、被害届を出したと明らかにした。版画のタイトルは「時の環の旅人2」(縦57センチ、横47センチ)で、同館の名誉館長を務める松本さんの代表作「銀河鉄道999」のキャラクター、メーテルと星野鉄郎が描かれている。

[PR]

 同館によると、3日午前2時半ごろ、館内に設置されたセンサーが反応したため、警備会社の警備員が駆け付けると、正面玄関横のドアのガラスが割られ、1階フロアに展示していたアクリルケース内の版画がなくなっていたという。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る