週刊コラム

子どもの虐待はなぜ

08/04 05:05

 子どもが親から虐待されたというニュースが後を絶ちません。尊い小さな命が失われる最悪のケースもあり、心が痛みます。親が子どもを虐待してしまう心理とは何なのでしょうか。悲しい事件を少しでも減らすための手だてはないのでしょうか。

[PR]

 経済レベルが一定以下だと虐待が起こりやすい、というデータがありますが、経済レベルのみならず、何らかの理由で親に余裕がなくなると虐待が発生するという印象を私は持っています。中には、「完璧な親」を目指して余裕がなくなってしまい、結果として子どもを虐待する、などという逆説的なことも起こってしまいます。

 予定していなかった妊娠で生まれた子どもも、余裕ある子育てを難しくしますし、子どもについての経験がほとんどないと、どう接したらよいかわからず虐待してしまう、ということもあります。

 虐待した親がよく「しつけのつもりでやった」と言いますが、虐待としつけの間には明確な違いがあります。子どもに人生の知恵を与えて子どもなりの価値観や礼儀作法を作っていくのがしつけです。つまり、主役は子どもなのです。

残り:336文字/全文:792文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る