北海道

ハーディ、ニセコ駅の看板犬に 駅長帽贈られる

08/02 00:28 更新
駅長帽子をかぶる秋田犬ハーディ
駅長帽子をかぶる秋田犬ハーディ

 【ニセコ】後志管内ニセコ町のJRニセコ駅舎内にある喫茶店「ヌプリ」の人気者、秋田犬ハーディが駅の「看板犬」を務めることになり、「駅長帽子」が1日、贈られた。

[PR]

 JR北海道とニセコリゾート観光協会が企画。平昌冬季五輪のフィギュアスケート女子金メダリスト、ロシアのアリーナ・ザギトワ選手に「マサル」が贈られるなど最近の秋田犬ブームにあやかった。

 黒虎毛のハーディは生後4カ月の雌。喫茶店前のテラスにいて愛くるしい表情が子供らに評判だ。店を経営する松田保さん(61)、裕子さん(61)夫妻は「利用客にワンちゃんと触れ合ってもらい地元が盛り上がれば」。

ページの先頭へ戻る