LS北見

LS北見がPR力を発揮 オホーツクール大使就任2カ月 HP閲覧者増続く

07/31 05:00
閲覧増が続く、LS北見が登場するオホーツクールのホームページ
閲覧増が続く、LS北見が登場するオホーツクールのホームページ

 オホーツクの観光などをPRする「オホーツクール」の2代目大使にカーリング女子日本代表のLS北見の5人が就任し、2カ月余り。ホームページ(HP)の閲覧者数が延べ2万5千人を超え、好調が続いている。平昌冬季五輪の銅メダル獲得から半年近くたってもさまざまなメディアに登場していることが人気を後押ししているようだ。

[PR]

 オホーツクールは昨年12月、オホーツク総合振興局と管内18市町村が始めた事業。LS北見は、過激な発言で知られるお笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔さんの後任として今年5月25日、大使に就任した。

 同振興局によると、オホーツクールのHPの閲覧者数は、7月25日までの2カ月間で延べ2万5840人。1日の閲覧者数の最多は2648人で、村本さんの任期中(昨年12月~2月)の最多記録2191回を上回った。

 5人は津別町の人気スイーツ「クマヤキ」や湧別町のかみゆうべつチューリップ公園など、18市町村の名物や名所を順次紹介する。同振興局は10日から2週間のペースで更新し、その状況を発信するツイッターのフォロワー(読者)数は、就任時の約800人から約1400人に増えた。

残り:179文字/全文:671文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
ページの先頭へ戻る