社会

ペット同伴の避難所開設、岡山 屋内にケージ置くスペース

07/21 12:08 更新
岡山県倉敷市立穂井田小の体育館に開設されたペット同伴者専用の避難所で、愛犬と過ごす同市真備町地区の夫婦。これまで他の自治体の避難所などを転々としてきたという=21日午前10時53分
岡山県倉敷市立穂井田小の体育館に開設されたペット同伴者専用の避難所で、愛犬と過ごす同市真備町地区の夫婦。これまで他の自治体の避難所などを転々としてきたという=21日午前10時53分

 西日本豪雨で甚大な被害が出た岡山県倉敷市で21日、ペット同伴者専用の避難所が市立穂井田小の体育館に開設された。屋内にケージを置くスペースを設け、えさも用意されている。特に被害の大きかった同市真備町地区の住民が、ペットを同伴できる他の自治体の避難所に身を寄せており、倉敷市内へ戻ってもらおうと企画した。

[PR]

 避難所にはエアコンが5台設置された。避難者は段ボールベッドの脇にケージを置き、短いリードにつないで犬を遊ばせていた。ふんを入れた袋は専用のごみ捨て場に出し、校内では抱いて移動するといった決まりを設けて運営する。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る