つながるアジア

カンディハウス、タイ進出 7月末から期間限定 19年から常設

07/15 05:00

 【バンコク堂本晴美】家具製造販売のカンディハウス(旭川)は31日~8月12日、タイの首都バンコクに期間限定の販売拠点を設ける。2019年には常設の販売拠点を開設する。同社のタイ進出は初めてで、アジア・オセアニア地域では8カ国・地域目となる。

[PR]

 同社は5年前から、経済成長が続くアジア・オセアニア地域での営業を強化しており、中進国となったタイでも高級家具の需要が見込めると判断した。

 タイの高級家具輸入販売業のシャニンリビング社が現地代理店となり、同社がバンコクに開設する展示販売施設「Studio61」内にカンディ社の展示販売ブース約150平方メートルを設ける。道産ナラ材を使った新シリーズ「YUKAR」のソファやテーブルなど約40点を展示販売する。

残り:146文字/全文:471文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る