政治

国民投票法案、5日に審議合意 衆院憲法審査会で与野党

07/04 14:05

 衆院憲法審査会(森英介会長)は4日午後の幹事懇談会で、審査会を5日に開催し、憲法改正手続きを定めた国民投票法改正案の提案理由説明を実施することで合意した。衆院憲法審での実質審議が実現するのは今国会で初めて。ただ改正案に関する質疑は野党側の反対で行われない。22日の国会会期末まで審議日程は極めて窮屈になっており、成立までこぎ着けられるかは見通しが立っていない。

[PR]

 改正案は公選法の規定と整合性を図る内容。自民、公明両党は6月下旬、日本維新の会と希望の党と4党で衆院に改正案を共同提出し、憲法審での早期審議入りを求めていた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る