社会

【回答者 佐藤茉有弁護士】浮気をした夫から離婚請求できるか

2018/06/15 05:00
佐藤茉有弁護士
佐藤茉有弁護士

質問 恥ずかしながら10年前に浮気がばれ、妻が出て行ってしまいました。自分が悪いのは承知ですが、子どもたちも独立し、別居から10年がたっているので、離婚を考えています。このような場合でも離婚はできるのでしょうか。

[PR]

回答 浮気をして夫婦関係を壊した側、いわゆる「有責配偶者」からは、離婚を求めることはできないのが原則です。「踏んだり蹴ったり判決」と言われている、最高裁の有名な判例がこのことを明言しています。

 この判決は、勝手に浮気をしておいて、もう妻とは一緒にやっていけないから離婚したいという夫の請求を認めるのであれば、妻は「全く俗にいう踏んだり蹴ったり」であって、「法はかくのごとき不徳義勝手気ままを許すものではない。道徳を守り、不徳義を許さないことが法の最重要な職分である」と、離婚したいという夫の請求を厳しい言葉で退けました。

 もっとも、どのような場合でも、浮気をした側からの離婚請求が認められないというわけではありません。先にご紹介した最高裁判決は1952年のものですが、87年には、有責配偶者からの離婚請求であっても、《1》別居が両当事者の年齢や同居期間と対比して、相当長期間に及んでおり、《2》夫婦の間に未成熟の子が存在しない場合であって、《3》離婚を請求されている側が、離婚により精神的・社会的・経済的に極めて過酷な状態におかれるなど離婚を認容することが著しく社会正義に反するといえるような事情がない場合には、離婚を認めるという新たな最高裁判決が出されました。

 ご相談のケースでも、あなたは「有責配偶者」ではありますが、別居期間が10年に至っており、お子さんも独立されているということなので、離婚が奥さん側にとって精神的、社会的、経済的に過酷であるという事情もないのであれば、その他の事情も考慮した上で、離婚が認められる可能性はあるでしょう。また、相手が離婚を了承すれば、有責配偶者からの請求であっても離婚はできます。ただし、慰謝料の支払いは覚悟してください。まずは調停を申し立ててみてはいかがでしょうか。

(さとう・まゆ)

ページの先頭へ戻る