国際

LGBTパレードに20万人 イスラエル中部テルアビブ

06/09 08:57 更新
イスラエル・テルアビブで、LGBTの権利を訴えるパレードに参加した人々=8日(共同)
イスラエル・テルアビブで、LGBTの権利を訴えるパレードに参加した人々=8日(共同)

 【エルサレム共同】イスラエル中部の商業都市テルアビブで8日、性的少数者(LGBT)の権利や尊厳を訴える毎年恒例のパレードが行われた。イスラエルのメディアによると国内外から約20万人が参加。気温30度を超える快晴に恵まれ、参加者らは大型トラックの荷台で踊ったり、色鮮やかな衣装で繁華街を練り歩いたりした。

[PR]

 イスラエル国民の大半はユダヤ教徒。同性愛は宗教上、基本的に認められないが、テルアビブは宗教色が比較的薄く、LGBTが暮らしやすい街とされている。

 南アフリカから参加した男性は、「天気も素晴らしいし最高の気分だ」と笑顔で話した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
ページの先頭へ戻る