くらし

NISAとつみたてNISA 資産づくりへ非課税で投資 利回りで元本割れリスクも

06/08 17:00
NISAとつみたてNISA 資産づくりへ非課税で投資 利回りで元本割れリスクも

 家計の金融資産が「貯蓄」だけでなく企業を育てる健全な「投資」へも回るようにしようと2014年に始まった少額投資非課税制度「NISA(ニーサ)」。今年1月にはその拡大版となり、資産運用の初心者向けでもある定期的積み立てを支援する「つみたてNISA」が始まりました。人生100年とされ、自ら積極的な金融資産づくりが求められる時代だけに、制度の特徴や違いをまとめました。

[PR]

 ――「NISA」とはどんな制度ですか。

 NISAは投資を税制面で後押しする制度で年間120万円までの投資なら最大5年間、株式の配当や売却益、投資信託の運用益が非課税となります。20歳以上が対象、1人1口座限りです。株式や投信の種類は幅広いですが、値動きが激しいものもあり、元本は保障されないので注意が必要です。「つみたてNISA」と併用はできません。

残り:1168文字/全文:1527文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る