週刊コラム

あきらめない

05/26 05:05

 なんとも表現のしようがないほど滅茶苦茶な政治状況である。安倍政権を擁護する人々の中には、「いつまで森友・加計問題で政治を空転させるのか」と主張する論者もいる。しかし、モリカケ問題で政治を空転させているのは、ほかならぬ安倍晋三首相である。国有地売却における巨額の値引きや獣医学部新設をめぐるえこひいきについて疑問が出されたのは1年以上前である。そうした当然の疑問に対して、行政における意思決定の過程をすべて公開し、どこに不適切な点があったのかを自ら認めていれば、議論は短期間で終息したに違いない。

[PR]

 安倍首相が、自分や妻が関与していたなら国会議員を辞めると潔白を主張したがゆえに、それを正当化するように文書が改ざん、隠蔽された。日本の官僚は、首相のクビを守るために前代未聞の犯罪を実行したのである。モリカケ問題だけではない。この国会の最大テーマとされる「働き方改革」関連法案についても、その必要性を説明するはずの労働実態に関する調査に、数字の捏造(ねつぞう)があったことが明らかになっている。

残り:733文字/全文:1178文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る