子育て

5歳の娘が尿失禁とおねしょ 便秘の改善とともに消失

05/06 05:00
5歳の娘が尿失禁とおねしょ 便秘の改善とともに消失

<質問> 3カ月ほど前から、5歳になる幼稚園児の娘が、毎日下着をぬらして帰ってきます。下着に少量の便がついていることもあります。おむつは2歳で取れたのですが、最近またおねしょもするようになり、困っています。
<回答> 昼間の尿失禁は5歳児では一般的でありません。また、夜尿は5~6歳児の約20%にありますが、一度おむつが取れてからまた出てきた場合、原因を調べた方がよいとされます。気になるのは下着に少量の便がつく点です。これは、便秘のときに現れる症状なのです。

[PR]

 お子さんの排便の状況を聞くと、この数カ月間、2、3日おきに排便はあるが、コロコロしたうさぎのふんのような状態で、ふんばってやっと出るとのことでした。お子さんの診察と尿検査では異常はなく、お話から、便秘が昼間の失禁と夜尿に関係している可能性を疑い便の回数と性状を2週間日誌に付けてもらうことにしました。

 するとやはり、便は週3回ほど出てはいるが、固く、量がとても少ないことがわかりました。便が直腸に常にたまっているので、ときどきあふれては漏れ、また尿失禁にもつながっているのです。

 便秘と排尿機能の問題は深い関係があるとされます。ある報告では、便秘症の子どもの23%に夜尿症があるとされます。また、便秘を合併した夜尿症の子に1年間便秘の治療をしたところ、夜尿症の5~7割が改善したという報告もあります。

 このお子さんも、便秘に対する生活指導と薬物治療を行ったところ、便秘の改善とともに昼間の尿失禁と夜尿は3カ月ほどで消失しました。便秘と排尿機能のつながりを改めて知らされたケースでした。(瀬川雅史=のえる小児科院長)

ページの先頭へ戻る