水曜討論

日銀 長期化する大規模緩和

03/28 09:47
日銀 長期化する大規模緩和

 日銀の黒田東彦総裁が4月8日の任期切れ後も続投することが決まった。5年後の2期目の任期を満了まで務めれば、在任期間は歴代最長となる。1期目は、円安株高が進み雇用環境も大きく改善したものの、日銀が目標に掲げた物価上昇率2%は今もなお遠く及ばない状況だ。黒田氏続投による大規模金融緩和の継続は適切な判断なのか。金融政策に詳しい経済学者に「黒田日銀」の評価と今後の課題などを聞いた。

[PR]

■効果なし 出口戦略示せ 立正大経済学部教授・吉川洋さん

■雇用改善 枠組み継続を 専修大経済学部教授・野口旭さん

残り:2613文字/全文:2858文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る