水曜討論

火山と生きる

02/28 09:22
火山と生きる
  • 火山と生きる
  • 火山と生きる

 草津白根山の本白根山(群馬県、2171メートル)が1月23日に噴火し、麓のスキー場で訓練中だった自衛官が死亡、11人が重軽傷を負った災害は、観光地と火山の距離の近さをあらためて浮き彫りにした。道内も周辺に火山を抱える温泉街は多い。「火山との共生」とは―。ホテル経営者と研究者に聞いた。

[PR]

■安全な避難誘導が責務 びえい白金温泉観光組合長・西海正博さん

■想定超える噴火も考慮 北大大学院特任准教授・大島弘光さん

残り:2461文字/全文:2664文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る