北海道

幌加内積雪286センチ 過去最高を記録

02/14 01:22 更新

 冬型の気圧配置の影響で道内は13日、道央や道北を中心に雪が降った。上川管内幌加内町の13日の最深積雪は286センチに達し、統計を取り始めた1981年以降で最高となった。JR北海道は札幌―旭川を結ぶ特急ライラックを含め計83本が運休し約7700人に影響が出るなど、交通が乱れた。

[PR]

 札幌管区気象台によると、13日の最深積雪は幌加内町朱鞠内で264センチ、上川管内音威子府村で240センチを記録した。

 JRは雪の影響で特急列車14本や宗谷線の普通列車9本などが運休した。名寄市の国道40号の自動車専用道「名寄美深道路」では同日午後、7台が絡む多重衝突事故が発生。けが人はいなかった。現場は吹雪で視界不良だったという。

 気象台によると、14日は低気圧が通過する影響で、日本海側や太平洋側を中心にまとまった雪が降る恐れがあるという。

ページの先頭へ戻る