北海道

北見塩やきそばに「助っ人」 爽やか塩サイダー開発

01/02 17:32
塩やきそばに合う味わいが特徴のオホーツク塩サイダー(大石祐希撮影)
塩やきそばに合う味わいが特徴のオホーツク塩サイダー(大石祐希撮影)

 飲料メーカー、食材卸のサッポロウエシマコーヒー(札幌)は、北見のご当地グルメ「オホーツク北見塩やきそば」に合う炭酸飲料として「オホーツク塩サイダー」を開発した。食欲を刺激するさっぱりした飲み口が特徴。誕生11年目を迎えた塩やきそばを提供する飲食店は「さらなる普及に向け弾みになる」と“助っ人”の活躍に期待を寄せている。

[PR]

 今年、創業60周年の同社は、節目の記念に地域色を出した商品を開発、展開する。塩サイダーは第一弾として昨年11月、発売した。

 塩はオホーツク海産、水やグラニュー糖も道産を使う。最初は口の中をさっぱりさせる爽やかな甘みが広がり、後味に塩味がほんのり残ることで再び焼きそばに箸が進むよう工夫した。パッケージには塩やきそばのキャラクター「塩やっき」をあしらった。500ミリリットル入りペットボトルで、希望小売価格151円。

残り:292文字/全文:660文字

全文はログインまたはお申し込みするとお読みいただけます。
ページの先頭へ戻る