マスターズ水泳 3度2冠/樋口さん(弘前)

06/09 10:56

 青森県弘前市のプロスイマー樋口遼さん(35)=BIGFOOT32 SWIM TEAM所属=が、4~5月に盛岡など3会場で開かれたマスターズ水泳短水路大会でそれぞれ短距離の2冠を達成した。今年9~10月の全日本大会で優勝し、来年8月の世界大会に向け弾みをつけたい考えで「全日本大会では優勝と自己ベストの更新を目指したい」と語った。

 35~39歳の部の自由形に出場している樋口さんは、4月17日の宮城大会と5月8日の岩手大会では50メートルと100メートル、4月24日の静岡大会では25メートルと50メートルに出場し、いずれも優勝した。

 活動資金を得るため、市内外の企業とスポンサー契約を結んでいる。新型コロナウイルス禍により、昨年もほとんどの大会が中止となったが、変わらぬ支援や応援を受け、やる気を奮い立たせてきたという。

 今年は冬場から筋トレを重ね、筋肉を大きくして臨んだが、水の抵抗が増して持久力が落ち、ベストタイムより最大1秒近く遅い不本意な結果に。全日本大会でのリベンジを期す。 6日、弘前市役所を訪れ優勝報告した樋口さんに、桜田宏市長は「夢に向かい頑張る姿は私たちに勇気をくれた」と称賛。樋口さんは「35歳の今も自己ベストを諦めていない。筋肉量を抑えて持久力をつけ、全てを出し切りたい」と語った。(東奥日報)