<水曜討論>首相官邸の意思決定のあり方は

01/26 09:32

 岸田文雄首相の就任から3カ月半が過ぎ、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」への対応や経済対策など重要な判断が迫られる場面が続く。意思決定の過程では、強権的な姿勢が目立った安倍晋三、菅義偉両政権との違いも指摘されている。その核となる首相官邸は、「官邸主導」「内閣主導」の名の下に歴代政権でも機能強化が図られてきた。岸田政権における官邸はどのように意思決定し、過去の政権とどう違うのか。また、意思決定のあるべき姿は何か。2人の識者に話を聞いた。