【道スポ】コンサ一筋14年目の宮沢、クラブ最多出場タイ リーグ通算415試合「まだ成長できる」

06/20 09:30

 コンサドーレ札幌は19日、大分を2―0で下し、今季初の連勝。リベロで先発フル出場したMF宮沢は、リーグ戦通算415試合に到達。砂川誠氏(43、現・札幌U-15担当)が持つクラブ最多出場記録に肩を並べた。札幌一筋14年目の道産子がクラブ史に名を刻んだ。

 この日も安定感のある守備でピンチの芽を摘み、「試合が終わったときに喜べるようにしたい」と話した通り、無失点勝利に貢献。最後方でバランスを保った。FWとして入団も、ペトロビッチ監督の下で可能性を広げた。「サッカー勘が停滞している時期にミシャ監督と出会って、今はサッカーをやっていて楽しい。まだ成長できる自信がある」。31歳、まだまだ通過点。札幌の象徴として、記録更新を続ける。<道新スポーツ6月20日掲載>