緊急事態初日、人出減る すすきの駅22.7% 大通駅6.3%

05/18 00:02

 新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、道内に緊急事態宣言が発令された初日の16日の人出は、1週間前の9日と比べておおむね減少したことが携帯電話の位置情報分析で分かった。札幌市営地下鉄すすきの駅周辺は22・7%減など道内6カ所の調査地点のうち4カ所で減り、宣言による外出の抑制効果がある程度表れた形だ。

 通信大手ソフトバンクの子会社「Agoop(アグープ)」の公開データによると、16日と9日の午後3時台の人出を比べると、JR新千歳空港駅で16・6%、JR函館駅で12・2%、市営地下鉄大通駅で6・3%それぞれ減少した。JR札幌駅は1・1%増とわずかに上昇し、9日は雨が降った小樽運河は33・5%増だった。