全国おはなし隊、青森県内巡回スタート

09/12 10:16

屋外で絵本を楽しむ園児たち=11日午前、青森市奥内の認定こども園あすなろ幼稚園

 550冊以上の絵本を載せたキャラバンカーで、全国の子どもたちを訪ね回る講談社の読書推進事業「本とあそぼう 全国訪問おはなし隊」の青森県内巡回が10日から始まっている。10月2日まで幼稚園や保育園、小学校、図書館など40カ所を回る。

 同隊の活動は1999年から始まり、青森県への訪問は2年ぶり10回目。11日午前は、青森市奥内の認定こども園あすなろ幼稚園で、2~5歳の園児ら約60人が絵本の世界を楽しんだ。

 地元ボランティアらが絵本の読み聞かせや紙芝居を行うと、物語が進むたびに園児から歓声が上がった。キャラバンカーに入った園児らは気に入った絵本を次々に手に取り、目を輝かせながら夢中でページをめくった。

 年中組の柿崎優羽ちゃん(4)は「次に何が出るか分からない『ちゅうちゅうたこかいな』が楽しかった」、藤元陽向ちゃん(4)は「絵本の中でかくれんぼしていた『くろねこさん しろねこさん』が好き」と笑顔が絶えなかった。