サンマ久々どっと 厚岸漁港 停電後初280トン水揚げ

09/12 05:00

大規模停電後、初めてまとまった量のサンマが水揚げされた厚岸漁協地方卸売市場

 【厚岸】厚岸漁港で11日、胆振東部地震による大規模停電後、初めてまとまった量のサンマ約280トンが水揚げされ、厚岸漁協地方卸売市場は久々に活気に包まれた。

 ロシア200カイリ水域で操業していた大型船1隻、中・小型船11隻が水揚げした。6日早朝に発生した大規模停電以来、同市場ではカキなどの競りはあったものの、主力のサンマは7日に水揚げ予定だった大型船3隻が停電の影響を考慮して東北の港に向かい、町内の水産会社からは「船が頑張って取ってくれたのに、処理できずつらい」と悔しがる声もあった。