座間9人殺害、27歳男を起訴 刑事責任能力認める

09/10 14:00 , 09/10 15:49 更新

白石隆浩容疑者(ツイッターから)

 神奈川県座間市のアパートで昨年10月、男女9人の切断遺体が見つかった事件で、東京地検立川支部は10日、強盗強制性交殺人と強盗殺人、死体損壊、死体遺棄の罪で無職白石隆浩容疑者(27)を起訴した。今月3日まで5カ月にわたり、事件時の精神状態を調べる鑑定留置を実施し、刑事責任能力があると判断した。

 ツイッターなどで誘い出された自殺志願者の女性らが次々と殺害された事件は裁判員裁判で審理される見通しで、動機の解明が焦点になる。弁護側が責任能力の有無や程度を争うことも想定され、公判前整理手続きは長期化しそうだ。