米男子ゴルフ、松山は7位に後退 プレーオフ第3戦の第3R

09/09 09:32 , 09/09 09:51 更新

第3ラウンド、2番でティーショットを放つ松山英樹。通算13アンダーで7位=アロニミンクGC(共同)

 【ニュータウンスクエア(米ペンシルベニア州)共同】米男子ゴルフのプレーオフ第3戦、BMW選手権は8日、ペンシルベニア州ニュータウンスクエアのアロニミンクGC(パー70)で第3ラウンドが行われ、3位で出た松山英樹は4バーディー、1ボギーの67と伸ばしたが、通算13アンダーの197で7位に後退した。首位とは4打差。

 ジャスティン・ローズ(英国)が64をマークし、通算17アンダーでトップに立った。1打差の2位にロリー・マキロイ(英国)とザンダー・シャウフェレ(米国)。66のタイガー・ウッズ(米国)は12アンダーで11位。

 悪天候のため、3時間半遅れで行われた。