10日から王位戦 神奈川で第6局

09/09 05:00

 将棋の菅井竜也王位(26)に豊島将之棋聖(28)が挑戦している第59期王位戦7番勝負(北海道新聞社主催)の第6局が10、11日、神奈川県秦野市の旅館「元湯 陣屋」で指される。

 第5局に菅井が勝ち、3勝2敗で初防衛に王手をかけて迎えた大一番。ここまでの5局はすべて菅井の振り飛車、豊島の居飛車の戦いとなり、いずれも先手が制している。菅井がこのまま押し切るか、豊島がタイに戻して最終局にもつれ込むか、注目される。立会人は先崎学九段。持ち時間は各8時間。初日は午前9時に始まり午後6時で指し掛け、手番が封じる。2日目の11日は午前9時に再開し、夜までに決着する見通し。対局は「どうしん電子版」で伝える。