野球U18、2次Lに向け練習 アジア選手権

09/06 16:28 , 09/06 16:55 更新

台湾戦に向け調整する柿木=サンマリン宮崎

 野球の18歳以下によるU18アジア選手権を戦っている高校日本代表は休養日の6日、宮崎市のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で約2時間の練習を行った。1次リーグA組で5日に韓国に敗れ、2勝1敗の同組2位で7日に始まる2次リーグに進むことになったが、選手たちは明るい表情で汗を流した。

 山田(富山・高岡商)ら3投手がマウンドに立ち、実戦的な打撃練習に取り組んだ。藤原(大阪桐蔭)小園(兵庫・報徳学園)根尾(大阪桐蔭)が1~3番に座るなど、7日の台湾戦は打順の組み替えが予想される。