「ヒバク」の歴史知って 東京・目黒で講演、写真展

09/06 06:46

 原爆や核実験、原発事故による世界の「ヒバクシャ」の写真展を国内外で開催してきたNPO法人「世界ヒバクシャ展」は、広島で被爆した女性らによる講演と写真展を併せたイベント「YES PEACE!伝えたい核とヒバクシャ」を9日午後に東京都目黒区の「めぐろパーシモンホール」で開く。

 講演では、陸軍軍医部の見習看護師だった16歳の時に広島で被爆した服部道子さん(89)と、マーシャル諸島など世界各地の核被害を長年取材してきたフォトジャーナリスト豊崎博光さん(70)が登壇。照会は電話080(3558)3369。