「自分らしく戦えた」渡部女流王位が就位式

09/06 05:00

第29期女流王位戦の就位式で、就位状を手にした渡部愛女流王位

 将棋の第29期女流王位戦(北海道新聞社主催)でタイトルを初めて獲得した渡部愛(わたなべ・まな)女流王位(25)=帯広出身=の就位式が5日、東京・日比谷の松本楼で開かれた。

 渡部女流王位は、5月に札幌で始まった里見香奈前女流王位(26)との5番勝負を3勝1敗で制した。

 佐藤康光日本将棋連盟会長と中倉宏美日本女子プロ将棋協会代表理事がそれぞれ就位状を授与。渡部女流王位は謝辞で「里見さんとタイトル戦で対戦することを目標にやってきた。地元・北海道での第1局は安心して臨むことができ、自分らしく戦えた5番勝負だった」と振り返り、今後に向け「実力の底上げを重点的に、今後も頑張っていきたい」と意気込みを語った。