倶知安町、宿泊税条例案を議会に提出 年内可決へ

09/03 17:57

 【倶知安】後志管内倶知安町は3日開会の定例町議会に、法定外目的税の「宿泊税」の条例案を提出した。条例案は13日にも町議会総務常任委員会に付託され、年内に可決される見通し。

 条例案は観光客から宿泊料金の2%を徴収する全国初の「定率制」を採用。宿泊事業者が客の代わりに一括して納税することや、虚偽申告に対する罰則規定などを定めている。

 関係者によると、条例案は定例会最終日の13日に同委員会に付託され、遅くとも12月の定例会までに可決される公算が大きい。