久保、男子5000初V 馬場は800で2位 障害者陸上

09/02 05:00

 障害者陸上日本選手権第1日は1日、高松市屋島競技場で行われ、リオデジャネイロ・パラリンピック代表の久保恒造(日立ソリューションズ、美幌高出)が、男子5000メートル(車いすT54)で10分53秒78をマークし、初優勝を飾った。馬場達也(日立ソリューションズ、旭川北都保健福祉専門学校出)は男子800メートル(脳性まひT34=車いす使用)で2分7秒15で2位だった。