児童虐待、過去最多13万件 17年度、「面前DV」で通告増

08/30 13:22

児童相談所の虐待対応件数の推移

 全国に210カ所ある児童相談所が2017年度に児童虐待の相談や通告を受けて対応した件数が13万3778件(速報値)に上り、過去最多を更新したことが30日、厚生労働省のまとめで分かった。統計を始めた1990年度から27年連続の増加。配偶者への暴力で子どもがストレスを受ける「面前DV」が心理的虐待として認知され通告が増え続けている。

 同省は16年度の虐待で死亡した子どもが前年度比7人減の77人(心中の28人を含む)、今年6月時点で所在不明の18歳未満の子どもが28人いることも公表した。