外国人向け観光地図、留学生が作成 稚内北星大のマールコワさん ロシア語と英語 名所紹介、時刻表も

08/30 05:00

イラストも自ら描いた観光マップの縮刷を手にするマールコワさん

 【稚内】稚内北星学園大の留学生カテリーナ・マールコワさん(23)が、市内を訪れる外国人観光客向けの観光マップを卒業論文の一環で作製した。稚内で4年間を過ごし、外国人からよく尋ねられる情報を分かりやすくまとめた。ネット上で電子版を公開する考えで「旅行中の不測の事態にも役立つツールにしたい」と話している。

 マールコワさんはロシア・モスクワ南部のリペツク州出身で、2014年9月に同大に入学。日本語、ロシア語、英語に通じており、16年8月から3カ月間、稚内観光協会で通訳を務めた。17年4月からは市サハリン課で非常勤職員として勤務している。

 マールコワさんによると、観光案内所で外国人から尋ねられた質問のうち、35%が交通手段に関するもの。観光名所を知りたいとの質問が24%と続いた。これらの経験や統計資料などから、稚内の観光は外国語の情報が不足していると分析し、地図の作製を思いついた。