23年ぶりに日米知事会議 地方間の信頼関係構築へ

08/27 11:40

 日米の知事が経済交流などをテーマに話し合う「日米知事会議」が27日、東京都内で2日間の日程で始まった。1995年を最後に途絶え、23年ぶりの開催。トランプ政権が保護主義的な貿易政策を進める中、日本側は地方レベルでの信頼関係を構築したいとの思惑がある。

 正式名称は今回から「日米知事フォーラム」に変わった。27日午前は開幕の式典があり、全国知事会長を務める埼玉県の上田清司知事は「両国の相互理解と協力関係がさらに深まると思う」とあいさつ。前全米知事会長でネバダ州のサンドバル知事は「これだけの州知事が集まったのは日米関係の重要性が高まっている証しだ」と述べた。