NHK、二風谷で「武四郎」ロケ 主役松本潤さん アイヌ文化語る

08/24 05:00 , 08/24 09:45 更新

松浦武四郎やアイヌ文化について話す松本潤さん(左)と深田恭子さん

 【平取】NHK札幌放送局は、来春全国放送するドラマ「永遠のニシパ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~」のロケを日高管内平取町二風谷で行い、報道各社に公開した。主役の松浦武四郎(1818~88年)役で人気アイドルグループ「嵐」の松本潤さんと、架空のアイヌ女性リセ役の深田恭子さんが会見し、19世紀に蝦夷地(えぞち)を踏査した武四郎やアイヌ文化の魅力を語った。

 「永遠のニシパ」は、1869年、道内11カ国86郡の「国郡」の設定や北海道の命名に関わった武四郎の蝦夷地踏査やアイヌ民族との交流を描いた。ニシパはアイヌ語で紳士や人徳のある人などを意味する。
☆ニシパのシは小文字